ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
ダイレクトレスポンスマーケティング・インフォメーション DRMarketing.info

AIDMAの法則

AIDMAの法則とは

AIDMAの法則は、1920年代にアメリカ合衆国の販売・広告の実務書の著作者であったサミュエル・ローランド・ホールが著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理のプロセスを示した略語。

AIDMAの法則では、消費者がある商品を知ってから購入に至るまでの過程には、次のような段階があるとされています。

Attention (注意) 「認知段階」
Interest (関心) 「感情段階」
Desire (欲求)
Memory (記憶)
Action (行動) 「行動段階」

Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)

この5つの段階の頭文字を取ってAIDMAとなります。

AIDMAの法則では、顧客の「認知段階」に影響を与えるのか、「感情段階」に影響を与えるのかという目的の明確化が必要であり、同時に「誰に対するコミュニケーションなのか」というターゲットの選定が重要です。

 

類似の用語として、1920年代に応用心理学の分野で米国のE.K. Strong が論文中に示したセールスにおける顧客心理の段階のAIDAがあり、マーケティング、セールスやダイレクトレスポンスマーケティングにおける用語としては、AIDMAの法則よりもAIDAの法則の方が有名です。

 

マーケティング用語集トップへ戻る

トップページへ戻る