ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
ダイレクトレスポンスマーケティング・インフォメーション DRMarketing.info

GDTの法則

GDTの法則とは

GDTの法則は、マイケルフォーティンが提唱し、日本では、ネットビジネス大百科木坂健宣さんが同商材の中で詳しく解説しています。

<GDTの法則>
以下の9つの欲求を満たすものを人は欲する
それらの欲求に対して訴求することで人の感情を動かします

GDTの法則 G:Goal

  • Time 時間(時間をかけたくない)
  • Effort 努力(努力をしたくない)
  • Money お金(お金を稼ぎたい・節約したい)

GDTの法則 D:Desire

  • Greed 富や名誉、貪欲さ
  • Lust 愛、美、性
  • Confort 快適性、悩みや苦痛がない状態

GDTの法則 T:Teazer

  • Scarcity 希少性
  • Curiousty 興味
  • Controvesy 反社会性

G → D → T
という順にどんどん欲求が強くなっていきます。

人の心を動かすためには、これらの9つのうち少しでも多くの要素を盛り込むことが重要です。

もっと詳しい解説やセールスレターへの応用・具体的な使い方などはネットビジネス大百科のセールスレターのパートの中で音声およびPDFで詳しく解説されています。このGDTの法則を正しく応用できるかできないかで、実際の営業でも情報販売でもアフィリエイトでも広告でも、売上は大きく違ってきます。QUESTの型と併用すればさらに効果が増します。非常に参考になりますよ。


GDTの法則で興味を引きつけ、そこからセールス文章を構築していく際には、より売上を上げるために文章術の無料メールマガジンも参考にしてみて下さい。「主観」と「客観」の違いを使い分ければ、あなたの文章術もかなり向上します。

【売上を3倍にする文章術】 メルマガ登録
メールアドレス:
名前(苗字):
Powered By MTSプロ

マーケティング用語集トップへ戻る

トップページへ戻る