ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
ダイレクトレスポンスマーケティング・インフォメーション DRMarketing.info

マズロー欲求5段階説

マズロー欲求5段階説とは

アブラハム・マズロー(1908年〜1970年 A.H.Maslow アメリカの心理学者)の唱えた欲求段階説は

人間の欲求は5段階のピラミッドのようになっていて、
底辺から始まり1段階目の欲求が満たされると1段階上の欲求を目指す

というものです。

マズロー欲求5段階説 人間の欲求の段階とは以下の5つの欲求です。

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 親和の欲求
  4. 自我の欲求
  5. 自己実現の欲求

生理的欲求は、人間が生きる上での根源的な欲求です。
「おなかが減った!何か食べたい」「のどが渇いた!何か飲みたい」などです。

安全の欲求は、心配ごとなく安全に暮らしたいというような、安全に対する欲求です。
「雨風をしのぐ家がほしい」「借金の債権者から逃れたい」などです。

親和の欲求は、他人と関わりたい・他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求です。
友達が欲しい、恋人が欲しいなどもこの親和の欲求です。

自我の欲求とは、自分が集団から価値ある存在と認められ、尊敬されることを求める認知欲求です。 集団の中のただの一人ではなく、「あいつすごいな」と思われたい、みんなから尊敬されたいというような欲求です。

自己実現の欲求とは、自分の能力・可能性を発揮し、創造的活動や自己の成長を図りたいと思う欲求です。 自我の欲求でみんなから認められてはいるが何か物足りない。なぜならそれは他人が評価しているから。
そうではなく自分で自分の可能性を試してみたい。自分はどのくらいのことができる器なのか?
1億円しか稼げないのか、1000億稼ぐ器なのか?
そういった欲求で、この自己実現欲求は最も高次な欲求といわれています。

優秀な人ほどこの欲求の段階を駆け上がるのは早いが、自己実現を果たし自己超越の域に達する人はきわめて少ないと言われています。
また、数多くの人が階段を踏み外し、これまでその人にとっては当たり前だと思っていたことが当たり前でなくなるような状況に陥っていくこともあります。

マズロー欲求5段階説をマーケティングに活用するには

マズローの提唱する欲求5段階説の概要はわかりました。
では、これをどうマーケティングに活用していけばいいのか?

欲求5段階説に関しては詳しく解説した心理学の本もあるだろうし、大学の授業でも話されているかもしれません。でも、あなたが知りたいのはそんなことではないですよね。「これをどうマーケティングに活用するか」でしょう。

それに関してはネットビジネス大百科のセールスレターのパートで詳しく解説されています。5段階の各段階の人にどのようなアプローチをしていけばいいのか?同じものを売るにしても、相手が5段階のどの段階にいるかで全く違うアプローチが必要になってきます。そのあたりを詳しく解説されています。

DRMや実践的なマーケティングに関しては、ネットビジネス大百科に勝る教材はないと言っても過言ではないでしょう。

 

マーケティング用語集トップへ戻る

トップページへ戻る