ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
ダイレクトレスポンスマーケティング・インフォメーション DRMarketing.info

QUESTフォーミュラ(QUESTの型)

QUESTフォーミュラとは

QUEST FORMULA(クエスト フォーミュラ)

QUESTフォーミュラは、セールスレターを書く時に、この流れに沿って書いていくと読み手の心理に沿ったセールスレターができあがるという型です。

非常によくできた型で、セールスレターを書く際には、この法則に沿って書いていくと失敗がないと言われています。
QUESTフォーミュラはマイケル・フォーティンによって提唱され、日本ではネットビジネス大百科木坂健宣さんが日本語でわかりやすく解説しています。

QUESTフォーミュラは以下の5つの段階を順番に経てセールスレターを書いていきます。

1.Qualify

Qualifyでは、ターゲットに対して「あなたの悩みを解決するのは、この私です」と宣言し、解決を約束します。

2.Understand

Understandは理解・共感の部分です。
あなたの悩みを理解して共感していますということを読み手に伝える部分で、よく使われる手法としては「昔は私も○○でした・・・」というようなストーリーを入れたりします。

3.Educate

Educateは教育です。自分の商品やサービスはどれだけ素晴らしいものなのかをアピールします。

4.Stimulate

Stimulateは、読み手を興奮させる段階です。
あなたの商品やサービスの良さを理解した読み手に対して、この商品を手に入れたらこんなに素晴らしい世界が待っています!という想像をさせ、欲求を煽って興奮させます。

5.Transition

最後にTransitionです。
ここでは実際の行動を言葉で促します。

以上が、Questフォーミュラの型になります。

Qualify、Understand、Educate、Stimulate、Transition
この5つの頭文字をとってQUEST。セールスレターを初めて書くときや、失敗したくないレターを書くときにはこのQUESTの流れで書いていくと確率が高く、とても使える法則です。

もっと詳しい解説やセールスレターへの応用・具体的な使い方などはネットビジネス大百科のセールスレターのパートの中で音声およびPDFで解説されています。このQUESTの法則を正しく応用できるかできないかで、実際の営業でも情報販売でもアフィリエイトでもステップメールでも、売上は大きく違ってきます。非常に参考になりますよ。GDTの法則と併用すればさらに効果が増します。非常に参考になりますよ。


QUESTフォーミュラの流れに沿って文章を構築する際には、より売上を上げるために文章術の無料メールマガジンも参考にしてみて下さい。「主観」と「客観」の違いを使い分ければ、あなたの文章術もかなり向上します。

【売上を3倍にする文章術】 メルマガ登録
メールアドレス:
名前(苗字):
Powered By MTSプロ

マーケティング用語集トップへ戻る

トップページへ戻る