イルマティック通信 和佐大輔さんのIllmatic通信とThis is itについて ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

 

見込み客リストの集め方 - リストビルディング大百科         

 

見込み客リストの集め方 - リストビルディング大百科


ネットビジネスに関わる誰もが悩む”見込み客リストが集まらない”という問題の解決策


ネットビジネス大百科の著者、和佐大輔さんが、「ネットビジネス大百科を超える」という意気込みでついにこの教材を出してくれました。

情報販売、アフィリエイター、マーケッターから、一般企業、中小企業、整体院・治療院やエステなどの個人サロン、税理士や行政書士などの個人事業主、インターネットでビジネスを拡大させようとしている誰もがぶつかる問題、「見込み客リストの集め方」。

この、見込み客リストの正しい集め方を、和佐さんがついに商材として本気で解説してくれます。

ネットビジネス大百科でDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)をこと細かく詳しく解説し、日本のWEB市場にDRMを広めたように、今度は、今の市場で皆がつまづいている”見込み客リストの集め方”を解説してくれます。

>> リストビルディング大百科  8/17まで先行販売中です 先行販売終了
>> ネットビジネス大百科 集めたリストの使い方はこちら

DRMの最初の壁、”見込み客リストを集める”

DRMのスタンダードとなったネットビジネス大百科によると、DRMを実践するステップは以下のとおりです。

  1. 見込み客リストを集める
  2. 集まったリストを教育する
  3. 教育したリストに販売する

この、最初の部分、つまり”見込み客リストを集める”ことができないためにつまづいてしまい、ビジネスがスタートしないという方が多かったのです。ネットビジネス大百科発売当時は無料レポートを出せばリストが集まったし、PPC広告でオプトインすれば簡単に見込み客リストが集まっていました。でも、今では無料レポートも誰もがやりすぎてリストが集まらない。オプトインページはPPC広告が出せなくなってしまいました。

そのため、今一番誰もが悩んでいることが”見込み客リストが集まらない”ということです。
誰もが悩んでいるのに誰も解決策を提示できなかった見込み客リストを集める方法。これを解決する商材をついに和佐さんが、神田昌典さんの弟子である原田翔太さんと2人で出してくれました。

”楽して”見込み客リストを集める方法?

「楽して」とは

  1. 出来る限り短い時間で
  2. 出来る限り小さな労力で
  3. 出来る限り少人数で
  4. 苦労している人よりも大きな結果を出す

と言うこと。決して「クリック一つで自動的にリストが集まる」といったような、お手軽にリストの”数だけ”を増やして、結局売上という結果が出ないというようなものや、高いお金を払って「リストを買え」といったことや、実現不可能な方法ではありません。

極めて全うな、やればしっかりと結果が出るリスト構築方法です。

利益につながるリスト構築方法 - リストが集まるだけでは意味が無い

「リストビルディング」と聞くと、「集客の話しか?」「無料オファーの話しか?」と思うかもしれませんが、ここで言うリストビルディングとは、ただ単に見込み客リストを集めるだけではなく、「利益を出す」という最終目的を成し遂げるために、集客から、ブランディング、文化の定着までの一連の流れをシステム化して、結果を出すということです。

  1. 集客
  2. 定着(ブランディング)
  3. 協力(ファン化/口コミ)

この3つを半自動的に行うシステムを構築しさえすれば、圧倒的に効率的で楽な、そして、利益率の高いビジネスモデルが完成します。

>> リストビルディング大百科  8/17まで先行販売中です 先行販売終了
>> ネットビジネス大百科 集めたリストの使い方はこちら

和佐大輔さんの詳細・プロフィール

和佐さんの関連商材・関連サイト・プロフィールなど、詳細は以下のページをご覧下さい。

和佐大輔プロフィール

和佐さんのセミナー映像

和佐さんのセミナーや商材を見て見たいという方は・・・