ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
ダイレクトレスポンスマーケティング・インフォメーション DRMarketing.info

反応のとれる言葉とは

インターネット等で何かを売るときに、一番反応がとれる言葉って何だと思いますか?
業種も売るものも関係なく、一番反応がとれる言葉。セールスレターなどにこの言葉を入れるだけで反応率が上がるという魔法のような言葉、そんな言葉があります。

「そんなものあるか」って思いますか?
いえいえ”必ず売れる言葉”ではないですよ。”反応がとりやすい言葉”です。
この言葉を入れたからといって必ず売れるというわけではありません。けれどこの言葉をうまく使っているのと全く使っていないのとでは、セールスレターにしろホームページにしろ反応率は間違いなく違ってきます。

「魔法の○○、究極の○○、非常識な○○、○○の秘術・・・」

そんな煽り系の言葉ではありません。そんな言葉のセールスレターを読んでもあなたの心は動きませんよね。

どんな言葉かわかりますか?
いきなり答えを教えても「いい話を聞いた」で終わってしまうので、できれば考えてみて下さい。

以下の文章の反応率を上げるには、どんな言葉を足したらいいでしょうか?

この言葉を使えばセールスレターの反応率は一気に上がり、売上もアップするでしょう。

もし反応率の高いセールスレターを持っていれば、お金をかけて広告を出しても回収できるようになり、ビジネスを一気に加速させることができます。

どうでしょう?なんだかいまいちピンとこないと思います。
なぜでしょうか?自分に語りかけられている感じがまったくしないと思いませんか?
ではどんな言葉を入れればこの文章を良くすることができるでしょうか?

 

ヒント:
営業の基本は”相手の名前”を呼ぶこと。
営業では基本中の基本ですが、インターネットでは相手の名前を入手していないとできないので、新規にサイトを見てくれた相手にはできないですね。

それではインターネット上で、しかも名前のわかっているリストではなく”新規のお客さん”に対して有効な言葉は?

 

答え:
答えは、「あなた」という言葉です。
先ほどの文章に「あなた」という言葉を加えてみましょう。

この言葉を使えばあなたのセールスレターの反応率は一気に上がり、売上もアップするでしょう。

もしあなたが反応率の高いセールスレターを持っていれば、お金をかけて広告を出しても回収できるようになり、ビジネスを一気に加速させることができます。

どうでしょう?先ほどの文章とかなり受ける感じが違うのがわかりますか?
セールスレターを読むときは、自分の感情がどう動かされるかを注意しながら読むと上達が早くなります。細かいポイントですが、”読み手が無意識に感じている心の変化”、これがセールスレター上では非常に大事です。

先ほどの文章をもう一度載せてみますので読み比べて見てください。

この言葉を使えばセールスレターの反応率は一気に上がり、売上もアップするでしょう。

もし反応率の高いセールスレターを持っていれば、お金をかけて広告を出しても回収できるようになり、ビジネスを一気に加速させることができます。

 

もちろん、相手の名前がわかっているなら「あなた」よりも「相手の名前」のほうが反応は良いです。

ためしに、以下のフォームにあなたの苗字を入れてみて下さい。